MENU

消費者金融からお金を借りる方法

消費者金融は時として「サラ金」と呼ばれることがあります。
日本に消費者金融が登場した頃、利用者を「男性サラリーマン」としていたことからついた名称です。

 

「サラ金」と聞くとあなたはどのようなイメージを持たれるでしょうか・

 

  • 法外な利息
  • 強圧的な取り立て
  • サラ金地獄

 

このように「悪いイメージ・マイナスのイメージ」を多くの方が持たれるのではないでしょうか。

 

最近の消費者金融は、法律の整備や規制の強化により安心して利用できる環境が整っています。大手消費者金融の中にはゴールデンタイムに独特なCMを放送して、すっかりわたしたちの身近な存在となっている先もあります。

 

手軽さが一番のメリット

消費者金融の最大のメリットとしては「手軽さ」が挙げられるのではないでしょうか。
ほとんどの先が「即日融資」に対応しており、非常に手軽に利用することができます。

 

「即日融資」とは文字通り、申込を行ったその日に融資を受けることのできるサービスです。審査回答時間は最短で30分程度であり、早ければ申込から契約、借入まで1時間程度で完結することができます。

 

必要書類は主に「本人確認書類」「収入証明書類」の2点で、申込金額によっては「収入証明書類」の提出を不要としている先も多くなっています。必要書類が少ない点も、消費者金融の手軽さの要因となっています。

 

店頭窓口の他、インターネット、無人契約機、電話、郵送などの申込方法が準備されており、自分の生活スタイルや都合に応じた方法で手続きを進めることができます。

 

インターネットでの申込は、現在の消費者金融の主流の申込方法であり、また無人契約機は銀行などの金融機関ではあまり見られない独特な申込方法といえるでしょう。

 

審査基準が緩め

消費者金融は銀行ローンに比較して、審査基準が緩めの傾向にあります。
「銀行ローンで不合格だったが、消費者金融で合格できた」という声をよく聞くのは、審査基準の違いを意味しています。

 

とくに銀行ローンでは敬遠されがちな、既に他社の借入を利用されている方に対しても柔軟な対応が期待できます。2〜3社程度であれば、内容次第で十分審査に合格することができるでしょう。

 

ただし消費者金融は「総量規制」の対象となっています。
他社の借入合計を含めて「年収の3分の1以上」の借入は利用できませんので注意しましょう。

 

金利が高め

また消費者金融は銀行ローンに比較して、金利が若干高めとなっています。
例えば銀行カードローンの最上限金利は多くが「15.0%」程度であるのに対し、消費者金融の最上限金利は「18.0%」前後となっています。

 

とくに初めての申込者に対しては、ほとんどのケースが最上限金利に近い金利設定となることを考えると2〜3%の金利の違いがあると考えておきましょう。ただし、消費者金融の金利は、利用実績を積んでいくことで徐々に引き下げられる傾向にあります。

 

はじめは高い金利であっても継続して使い続けることで一けた台まで下げられることもあります。同時に借入限度額も引き上げられますので、条件次第では低金利で高限度額の借入も可能になるでしょう。

 

法律の整備や規制の強化により、映画などに登場する悪徳業者は少なくなっています。
それでも「どうしても借りたい」という消費者心理を巧みについてくる悪徳業者の存在は撲滅できません。

 

消費者金融を利用する場合には、名の知れた大手先を選ぶようにすれば安心して借入を利用できるでしょう。