MENU

お金を借りる場合の金利について

お金を借りる場合に考えておかなければいけないことはたくさんあります。
その中でもきになるのが「金利」ではないでしょうか。

 

しかし「金利とは何か?」という質問に正確に答えることができる方は、どれほどおられるでしょうか。正しく理解しておかないと、思わぬ失敗を招くこともありますので、金利についてしっかり勉強しておきましょう。

 

金利とは?

お金を借りた場合には、借りたお金に対して「手数料」を支払う必要があります。
この「手数料」のことを「利息」といい、レンタル制度のレンタル料のようなものを意味します。

 

そして借りたお金に対してどれだけの割合で「手数料=利息」が発生するのかを示すものが「金利」です。

 

通常金利は「%」で示されます。
たとえば「金利15.0%」ならば借りたお金に対して15.0%の利息が発生するという意味になります。

 

また基本的に金利には「年利」が用いられます。
「年利」とは1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合を示しています。
たとえば金利15.0%で10万円を1年間借りた場合の利息は次のようになります。

 

・10万円かける15.0%=15,000円

 

つまり10万円を金利(年利)15.0%で1年間借りた場合には、1年後に借りた元金10万円に合わせて利息15,000円を支払う必要があるということになります。

 

金利の表示方法には他にも「月利」「日歩」などがあります。
それぞれ「1ヶ月に何%」「1日に何%」の利息が発生するのかを示しています。
しかし実際にはこれらが用いられることはほとんどありません。

 

トイチとは?

よくドラマなどに登場する「トイチ」とはどのようなものなのでしょうか。
「トイチ」とは借りたお金に対して「10日で1割」の利息が発生するという意味です。

 

たとえば100万円をトイチで借りて複利(全く返済しないで発生した利息も含んで利息計算する方式)の利息を考えてみると(千円以下を四捨五入します)次のようになります。

 

・10日後 100万円(元金)+10万円(利息)=110万円(返済金額)
・20日後 110万円(元金)+11万円(利息)=121万円(返済金額)
・30日後 121万円(元金)+12万円(利息)=133万円(返済元金)
……
・360日後 2810万円(元金)+281万円(利息)=3091万円(返済元金)

 

1年後には、なんと借入金額100万円が30倍以上に膨れ上がってしまいます。
ちなみに年利で換算すると「3412%」となります。

 

当然このような高金利は次で説明するように法律で禁止されていますので安心しておきましょう。

 

金利の上限は?

お金を借りる場合の金利の上限は法律で制限されています。
「利息制限法」という法律では、金銭契約に関する上限金利が契約元金に応じて次のようにきめられています。

 

・元金10万円未満→年利20.0%
・元金10万円以上100万円未満→年利18.0%
・元金100万円以上→年利15.0%

 

以前ではこの上限金利を超える金利(いわゆるグレーゾーン金利)で営業を行っている金融業者も多数存在していました。しかし現在ではグレーゾーン金利は違法の判断が示されていますので、利息制限法の上限を守らない金融業者は違法業者といえますので注意しましょう。

 

この上限金利は親や知人からの借入契約でも有効です。
たとえば「年利50.%」の借証書で借入したとしても、利息制限法の範囲を超える部分については無効となります。