MENU

会社からお金を借りる方法

勤めている会社に従業員向け貸付制度が整っているのであれば、非常に低金利でお金を借りることも可能です。消費者金融などで借入する場合には、どうしても金利が気になるでしょう。

 

その点最近では大企業だけでなく、中小企業の中にも貸付制度が準備されている先も増えてきていますので、一度確認するのもよいのではないでしょうか。

 

従業員貸付制度とは?

従業員に対する福利厚生を目的とした貸付制度が、最近の企業では充実するようになっています。また社員が余計な金銭トラブルに巻き込まれることを避ける目的で、貸付制度を導入する企業も増えてきました。従業員同士の金銭の貸し借りや、サラ金の借金による破綻などを防ぐ意味合いがあります。

 

ただし従業員向け貸付制度とはいっても、きちんとした融資制度ですので、それなりの手順を踏む必要はあります。一番肝心な点は、借入する目的でしょう。

 

例えば住宅購入・家族の医療費・出産費用などが主な理由として挙げることができます。
間違っても「娯楽のため」といった理由では、制度の利用が認められないだけでなく、社内での自己評価にも悪影響を与えますので注意しましょう。

 

借入条件は?

借入には契約書を交わすことになります。
契約書には「金利」「返済方法」などの諸条件が記載されていますので、必ず確認しておきましょう。

 

冒頭で述べたように「金利」については消費者金融などに比較して、はるかに低金利になっています。これは勤務先が貸付によって利益を挙げる目的が無いためです。ただし金利0としてしまうと、会社から従業員に対する「譲渡」とみなされてしまい、余計な税金が発生してしまいます。従業員にお金を渡して、しかも余計な税金まで発生したのでは、会社としても貸付制度が維持できなくなってしまいます。

 

「返済方法」については、多くの場合「給与天引き」となっています。ボーナス一括返済などを取り扱っている先もありますが、いずれにしても生活費などを考慮した上で、無理のない利用を心がけるようにしましょう。

 

従業員貸付制度には、民間金融機関のような「審査」は基本的には行いません。
ただし社内独自の基準で「勤続年数」などに条件を付与しているケースもあります。また「勤続年数」により借入金額が左右されるケースも多くなっています。

 

デメリットは?

従業員向け貸付制度は、従業員に認められた立派な権利です。
ただ借入することにより、将来の出世などに全く影響はないかと問われると難しい点でしょう。

 

また社内にお金を借りたという情報が広まりやすい点もデメリットといえるかもしれません。
プロの貸金業者と異なり、プライバシーが完全に守られると期待はしない方がよいかもしれません。

 

従業員貸付制度は、低金利で利用できる半面デメリットが将来にも影響することが予想されます。本当に借入が必要な場合に利用するようにしましょう。また少額の借入であれば、民間金融機関などの条件もよく比較してみましょう。