MENU

事業資金でお金を借りる方法

事業資金にも様々なものがあります
これから新しい事業を開業しようとする創業資金にはじまり、設備資金、運転資金などが事業を継続するうえで必要になってくるでしょう。

 

これらの事業資金を自社努力で賄っている先はあまりありません。
いわゆる「無借金経営」を行っている企業は、それほど多くはありません。
しかし事業資金を借金で補うことは、決して悪いことではありません。

 

大切なことは、借金で補った事業資金を自社の利益にどれだけ還元できるのかという点なのです。そして生まれた利益から確実に返済を行い、さらに自社を大きく育てていくのが経営者をはじめとした経営陣の役割といえるでしょう。

 

創業前

会社を創業するためには資本を集める必要があります。たとえば株式会社を設立する場合には、株式を発行して投資家に投資してもらうことが必要になります。ただし創業前には、当然ながら営業実績がありません。

 

未知数の会社に対して、民間金融機関、とくに銀行などは融資をOKすることが難しいケースがほとんどです。そのため創業資金は多くの場合、創業者の手元資金や国の援助により調達することになります。

 

創業直後

創業直後は資本金から運転資金を補うことになりますが、限りある資本はすぐに底をついてしまいます。すぐに利益を上げることができる事業はそれほど多くはないでしょうから、経営を軌道にのせるためにも運転資金を借入で調達する必要があります。

 

融資を受けることにより銀行などの金融機関とのつながりが出来て、以後長い付き合いを続けていくことも可能になるでしょう。

 

運転資金と設備資金

事業が拡大していくことに伴い、多額の運転資金や新規の設備資金が必要となるでしょう。
ある程度実績を積んでいくことで、金融機関とのつながりを背景に事業資金の融資を受けることも可能です。

 

金融機関が融資を行うのに判断する材料には様々なものがあります。その中でも「事業計画書」と「決算書」はとくに重要視される書類となってきます。また借入に際しては資金使途の妥当性、将来の展望なども大きなポイントとなります。

 

金利面からいえば公的機関での借入が有利です。
しかし申込から実際に融資を受けるまで時間がかかるケースも多くありますので注意しましょう。

 

民間の金融機関の中には、地域経済の担い手である企業を積極的に支援する姿勢を見せている先も多くあります。このような金融機関では様々なかたちで支援を受けることができますので、地元の小規模な金融機関も狙い目といえるかもしれません。

 

いずれにしても個人ローンと違って、事業資金の借入は多くの手続きと必要書類を準備しなければいけません。経営者を支援する専門家なども活用し、上手に事業資金融資を活用することがその企業で働く従業員のためにも必要なことでしょう。