MENU

お金を借りる場合の返済について

お金を借りる場合に、もっとも大切なことは何でしょうか?
様々な意見があるでしょうが、中でも「最後まできちんと返済する」ということを忘れてはいけません。

 

お金を借りるときには、借入することばかりに頭が働き、返済のことをないがしろにしてしまう方も少なくありません。「返済なんて何とでもなるだろう」という安易な考えで借入してしまったあげく、返済できなくなり人生を棒に振ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

念密な返済計画を!!

お金を借入する場合には、念密な返済計画が不可欠です。
まずは自分の「収入」と「支出」の金額を正確に把握することから始めましょう。
そして「収入ー支出」の範囲で、利息を含めた返済が可能な範囲で借入することが重要になってきます。

 

「収入ー支出」の金額で返済できない借入は、遠からず返済に支障をきたすことになります。
この場合は借入計画を見直すか、「収入ー支出」の額を増やす方法を考えなくてはいけません。

 

収入を増やす方法としては「副業」などが挙げられますが、なかなか難しいことも予想されます。そこで支出を減らす、とくに支出の中でも「変動費」を減らすことを考えてみましょう。家賃などの「固定費」を減らすことはすぐには無理でしょうから、食費や交際費などの「変動費」を見直して対処しましょう。

 

必要以上の借入を避けることも大切です。借りようとしているお金は、本当に必要なものなのでしょうか。自己の資産を処分することで対応することはできないのでしょうか。借りたお金は、必ず返済しなくてはいけません。しかもほとんどの場合、利息を含めて、つまり借りたお金以上の金額を返済しなくてはいけません。お金を借りようとする前に、再度このことを自分に問いかけてみましょう。

 

返済不能になった場合には即相談!!

それでも思いもしない事態で返済できなくなることもあるでしょう。
万が一返済不能に陥った場合には、すみやかに借入先に相談するようにしましょう。

 

親や知人などからの借入であれば、その事情をよく説明して理解を得るようにしましょう。
金融機関などの借入であれば、ある程度の返済条件変更にも応じてもらうことができます。
もちろんすべての場合で「今後どのように返済していくのか」がポイントとなりますので、きちんと説明できるようにしておきましょう。

 

一番いけないことは、返済できずに放置することです。

自分を信頼してお金を貸してくれた相手側を裏切る行為は慎みましょう。

 

事情説明もないまま放置しておけば、少なからず自己資産を処分される結果ともなりかねません。その場合、今後の生活にも多大な支障を招くでしょうから、借入先と念密に話し合うようにしましょう。