MENU

学生がお金を借りる方法

学生時代は何かとお金がかかるものです。
旅行にも行きたい、おしゃれもしたい、将来のために勉強もしたい、就職活動にも多くのお金が必要になるでしょう。

 

貴重な学生時代をお金が足りないことで、無残なものにしたくはありません。
学生でもお金を借りる手段はあるのでしょうか。

 

学生でも借入可能なキャッシング・カードローン

学生が利用できるローンとして候補に挙げられることができるのが「奨学金」です。
民間金融機関に比較して、非常に低金利で利用できるのが魅力です。

 

しかし奨学金は、学生世帯での収入条件などの利用条件が付加されています。
そもそも進学費用としての奨学金ですので、自分の都合による利用は認められません

 

最近では学生でも利用可能としているキャッシングやカードローンも増えてきています。
大手消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも学生借入可能と宣伝している先が多くなっています。

 

通常のキャッシングやカードローンと同様に、非常に手軽に借入できますので、ちょっとしたお金の不足にはありがたい存在となるでしょう。

 

学生がキャッシングやカードローンを利用するための条件は、主に次の2点です。

 

20歳以上

基本的にキャッシングやカードローンは、利用者を20歳以上としています。20歳未満の未成年の金銭契約は、保護者(親など)の同意が無ければ無効となる可能性があります。

 

このため利用者に「20歳以上」という条件を付加して、無効となるリスクを避けています。

 

安定した収入

学生の場合でも、審査は通常と同基準で行われます。
その中でも「安定した収入」はもっとも重要視される項目です。
アルバイトなどである程度の安定した収入が求められます。

 

「親からの仕送り」といった内容は、残念ながら安定した収入とは認められませんので注意しましょう。

 

借入できる金額も、収入金額に大きな影響を受けることになります。
アルバイト収入自体、それほど多くはないでしょうから、借りることのできる金額もそれほど多くは望めません。

 

とくに「総量規制」の対象となる商品は「年収の3分の1」を超えることができませんので注意が必要でしょう。それでも一時的なお金の不足には十分な額の借入も可能です。

学生を狙った詐欺に注意!!

学生の多くは、社会体質にまだ慣れていません。
そこを狙った詐欺も多発していますので注意が必要です。

 

最近ではマルチ商法など、多様な詐欺商法が横行していますので、決してだまされないように注意しましょう。

 

学生の中には「親に内緒で借りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。
その事情はよくわかりますが、いざという場合も考えて親に相談することも考慮しておきましょう。