MENU

あなたにとって「お金」とはどのような存在でしょうか?
人それぞれで答えは異なるでしょうが、少なくとも「生活上必要なもの」であることは間違いないでしょう。

 

 

日常生活では何をするにも「お金」が必要になってきます。
わたしたちが毎日仕事に励んでいるのも、報酬としての「お金」を手に入れることが大きな目的です。

 

ところが長い人生を生きていくなかでは、突如として想像をしないような出来事が起こるものです。親族や友人などの冠婚葬祭はいつ起こるのかわかりません。明日交通事故にあって多額の費用が必要となるかもしれません。欲しい商品を衝動買いしてしまい、生活資金に困る事態もあるでしょう。

 

このように思いもかけない出来事や、自らの不注意でお金が不足することは誰にでも起こりうるものです。

 

手元のお金が不足した場合、どのように対応しなければいけないのでしょう。
「普段から節約に励んでいるので問題ない」という方以外では、なんとかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

 

「お金を借りる」と一言でいっても様々な方法があります。
自分の状況、生活スタイル、今後の展望などをよく把握して、一番最適な方法を選択しなければいけません。

 

親族や知人からお金を借りる

お金を借りる方法として、もっとも返済負担の少ない方法は何でしょうか。
それは「親族や知人を頼る」という方法です。金融機関などから借入する場合には、必ず「利息」をあわせて返済しなくてはいけません。借りたお金以上の金額を返済する必要があるのです。

 

しかし「対人」からの借入であれば、通常は利息まで要求されることはないでしょう。
返済日などもある程度融通がつくことで、最も安全性の高い借入方法といえるかもしれません。

 

しかし金銭に対するトラブルは、深刻な人間関係の悪化を招く危険性があります。
金銭トラブルで親しかった人の関係が一気に崩れ去ることも十分考えられます。
「金の切れ目が縁の切れ目」といわれるように、金銭トラブルにより人間関係を失うことも考える必要があります。

 

こうしたことからあまり多額の借入を避けるとともに、きちんと約束した返済日を守るという強い意思が要求されるでしょう。

 

公的制度を利用する

経済的に困窮し、生活するのが難しいという状況では、国や市町村などの行政機関を頼る方法も考えることができます。突然のリストラで職を失ってしまった、子供の教育資金が足りない、長期の入院で収入が無いなどの事情では、公的な貸付制度の利用を一度検討してみましょう。

 

民間の金融機関に比較すると、はるかに低金利で利用することができ、返済方法なども柔軟な対応が期待できます。また今後の生活再建のために就職をあっせんしてくれるなどの総合的な支援を受けることもできます。

 

ただし公的貸付制度を利用するには、当然「生活に困っている」状況とその理由が重要になってきます。「ギャンブルでお金が足りない」といった理由では当然ながら支援を受けることはできません。利用条件が厳しく制限されており、手続きにもある程度の日数を必要とします。申込から融資を受けるまで2〜3ヶ月かかることも珍しくありません。

 

会社からお金を借りる方法

勤めている会社に貸付制度がある場合には利用を検討してもよいのではないでしょうか。
最近では社員の福利厚生を目的とした貸付制度を充実させる企業も増えてきました。
大企業だけでなく、中小企業でも社員向け貸付制度が整っている先が多くなっています。

 

民間金融機関からの借入よりもはるかに低金利で利用でき、返済方法も余裕を持たせることも可能です。一般的には給料から天引きされますが、退職金を前借するなどの対応を認めている先もあります。当然制度利用には、借入目的や理由が重要視されることになります。

 

「遊びのお金」などの理由では制度利用が認められるわけがなく、それだけでなく社内での自らの立場を悪化させることになるでしょう。

 

民間金融機関からお金を借りる方法

「お金を借りる方法」として真っ先に思いつくのが、銀行や消費者金融などの民間金融機関からの借入かもしれません。これまで挙げてきた方法では、何かと利用条件が厳しく、自分の都合に合わせるのが難しいケースも考えられます。

 

一方民間金融機関からの借入であれば、審査にさえ合格できれば、後は自ら契約に従って返済を続けていくだけです。とくに「カードローン」「キャッシング」といった個人ローンであれば、素早い借入にも対応でき、申込を行ったその日に融資を受ける「即日融資」も期待できます。

 

「カードローン」「キャッシング」と聞くと「利息が高い」「取り立てが怖い」といったマイナスのイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし計画的に利用することで、日常生活での大きな支えとなってくれることも少なくありません。利用方法を間違えないようにすれば、お金に対するピンチを救ってくれるだけでなく、自らの人生を豊かにするのにも貢献してくれます。

 

「利息」については、確かに公的制度融資や会社の貸付制度に比較すると負担が大きくなるのはいなめません。しかし最近では「低金利競争」も激しくなっており、条件次第では非常に低金利で利用することも可能です。また借入金額を最低限に抑え、早期に返済するよう心がけることで、利息支払負担を抑えることも可能です。

 

「取り立て」については次の2点に注意しておけば問題ありません。

悪徳業者に騙されない

借金が返済できない状態になった時の金融機関からの取り立て方法は、きちんと法律で定められています。

 

威圧的な態度、深夜の訪問、近所や勤務先への嫌がらせなどは全て法律で禁止されています。

 

よくテレビドラマなどで行われている取り立ては、現実では法律で禁止される行為ですので安心しておきましょう。

 

ただし民間金融機関の中には、法律を守らない「悪徳業者」も存在しています。
そもそも法律上の条件金利である「利息制限法」を違反した営業を行っている業者は、取り立てについても法律を守るわけがありません。このような業者は「どうしても借りたい」という消費者心理を巧みについてきます。

 

最初は甘い言葉で勧誘し、全く危険性が無いと感じさせますが、いざ契約時には法外な金利や手数料を請求してきます。態度も威圧的で断ることも難しく、止むなく契約を結んでしまい高い金利での借入を強要されてしまいます。

 

しかも返済ができない状態になると、法律を守らない「取り立て」で利用者を追い詰めていきます。家族や勤務先、近所への嫌がらせも横行し、心理的にも追い詰めていき、最終的には資産を全て失ってしまうかもしれません。「返済できない」という負い目を感じる利用者は、誰にも相談することなく悩み続けてしまうかもしれません。

 

このような悪徳業者に騙されないようにするには、最初が肝心です。
名も聞かないような金融業者には関係を持たないようにするとともに、万が一被害に遭った場合には早急に法律の専門家である弁護士などに相談するようにしましょう。

 

きちんとした返済計画を立てる

 

法律を順守する金融業者は、威圧的な取り立てを行うことはありません。
しかしその分返済できなくなった場合の回収作業も、法律にのっとって粛々と進んでいくことになります。

 

最初は「督促状」や「督促電話」での取り立てですが、それでも返済されない場合には、裁判により「給与の差し押さえ」や「資産の強制売却」などの手段を講じてきます。これらは法律上で債権者(金融機関側)に認められた権利であり、裁判所の命令に基づくものですので拒否することはできません。全て「返済できなかった」債務者(借入利用者)の落ち度による結果なのです。

 

これを防ぐには「返済不能に陥らない」ように注意するしかありません。それにはやはり借入前の念密な返済計画が重要になってくるでしょう。自分の収入と支出のバランスを考え、無理なく返済できる計画をきちんと立てることが大切です。必要以上の借入を行なわないように心がけるとともに、借りたお金は繰り上げ返済などでなるべく早期に返済するようにしましょう。

 

万が一不慮の出来事で返済できなくなった場合には、なるべく早い段階で金融機関側に相談するようにしましょう。状況次第では、一定期間の返済猶予などの対応策を講じてくれます。法律を順守する金融機関であれば、返済不能となった理由にもよりますが、ある程度柔軟に対応してくれるでしょう。